業績リスト

審査付学術雑誌論文

  1. 北森詩織,酒井浩之,坂地泰紀, 決算短信PDFからの業績予測文の抽出, 電子情報通信学会論文誌D, vol.J100-D, no.2, pp.150–161, 2017. [PDF]
  2. Hiroki Sakaji, Junya Ishibuchi, Hiroyuki Sakai, Extraction of Polarity Comments from Nico Nico Douga, International Journal of Space-Based and Situated Computing, vol.6, no.3, pp.165-172, 2016.
  3. 坂地泰紀,酒井浩之,増山繁, 決算短信PDFからの原因・結果表現の抽出, 電子情報通信学会論文誌D, vol.J98-D, no.5, pp.811-822, 2015. [PDF]
  4. 酒井浩之,西沢裕子,松並祥吾,坂地泰紀, 企業の決算短信PDFからの業績要因の抽出, 人工知能学会論文誌, vol.30, no.1, pp.172-182, 2015. [PDF]
  5. 酒井浩之,増山繁, 企業の業績発表記事からの重要業績要因の抽出 , 電子情報通信学会論文誌D, vol.J96-D, no.11, pp.2866-2870, 2013. [PDF]
  6. Hirofumi Nonaka, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Yusuke Suzuki, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extraction of the Effect and the Technology Terms from a Patent Document, Journal of Japan Industrial Management Associastion, vol.63, no.2E, pp.105-111, 2012. [PDF]
  7. 谷口将太,坂地泰紀,酒井浩之,増山繁 , 経済新聞記事から抽出した景気動向を示す根拠表現への極性付与手法の提案, 電子情報通信学会論文誌D, vol.J94-D, no.6, pp.1039-1043, 2011. [PDF]
  8. 坂地 泰紀, 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁, Cross-Bootstrapping: 特許文書からの課題・効果表現対の自動抽出手法, 電子情報通信学会論文誌D, vol.J93-D, no.6, pp.742-755, 2010. [PDF]
  9. 鈴木 佑輔, 横田 隼, 酒井 浩之, 増山 繁, Web掲示板からの質問・回答対応の自動抽出, 人工知能学会論文誌, vol.25, no.1, pp.168-173, 2010. [PDF]
  10. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Assigning Polarity to Causal Information in Financial Articles on Business Performance of Companies, IEICE Trans. Information and Systems, vol.E92-D, no.12, pp.2341- 2350, 2009. [PDF]
  11. 酒井 浩之, 野中 尋史, 増山 繁, 特許明細書からの技術課題情報の抽出, 人工知能学会論文誌, vol.24, no.6, pp.531-540, 2009. [PDF]
  12. Hirofumi Nonaka, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Masazumi Ao, Yutaka Hada, Development of an automatic ecotechnology patent search method using text mining, Journal of Ecotechnology Research, vol.15, pp.23-26, 2009.
  13. 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁, テキストマイニングを用いた判例文書の分類および情報抽出, 情報ネット ワークローレビュー, vol.8, pp.74-85, 2009.
  14. Masanobu Tsuruta, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, An Informative DOM Subtree Identification Method from Web Pages in Unfamiliar Web Sites, IEICE Trans. Information and Systems, vol.ED, no.4, pp.986-989, 2008. [PDF]
  15. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Cause Information Extraction from Financial Articles Concerning Business Performance, IEICE Trans. Information and Systems, vol.ED, no.4, pp.959-968, 2008. [PDF]
  16. 宮本 雅人, 酒井 浩之, 増山 繁, 論文LaTeX原稿からのプレゼンテーションスライド自動生成, 日本知能情報ファジィ学会誌, vol.18, no.5, pp.752-760, 2006.
  17. 酒井 浩之, 増山 繁, ユーザの要約要求を反映するためにユーザとのインタラクションを導入した複数文書要約システム, 日本知能情報ファジィ学会誌, vol.18, no.2, pp.265-279, 2006. [PDF]
  18. 酒井 浩之, 梅村 祥之, 増山 繁, 交通事故事例に含まれる事故原因表現の新聞記事からの抽出, 自然言語処理, vol.13, no.2, pp.99-123, 2006. [PDF]
  19. 酒井 浩之, 増山 繁, 略語とその原型語との対応関係のコーパスからの自動獲得手法の改良, 自然言語処理, vol.12, no.4, pp.207-231, 2005. [PDF]
  20. 吉田 辰巳, 遠間 雄二, 増山 繁, 酒井 浩之, 可読性の向上を目的とした片仮名表記外来語の換言知識獲得, 電子情報通信学会論文誌D-II, vol.J88-DII, pp.1237-1245, 2005.
  21. 酒井 浩之, 増山 繁, 動詞連体修飾節の省略可能性に関するコーパスからの知識獲得, 電子情報通信学会論文誌D-II, vol.J87-DII, no.8, pp.1641-1652, 2004. [PDF]
  22. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, A statistical method for acquiring knowledge about the abbreviation possibility of some of multiple adnomial phrases, IEICE Transactions on Information and Systems, vol.E86-D, no.9, pp.1710-1718, 2003. [PDF]
  23. 酒井 浩之, 増山 繁, 名詞とその略語の対応関係のコーパスからの自動獲得, 電子情報通信学会論文誌D-II, pp.1624-1628, 2002. [PDF]
  24. 酒井 浩之, 篠原 直嗣, 山本 和英, 増山 繁, 連用修飾表現の省略可能性に関する知識の獲得, 自然言語処理, vol.9, no.3, pp.41-62, 2002. [PDF]

審査付国際会議論文

  1. Hiroki Sakaji, Masaki Kohana, Akio Kobayashi, Hiroyuki Sakai, Estimation of Tags via Comments on Nico Nico Douga, The 5th International Workshop on Web Services and Social Media In conjunction with the 19th International Conference on NBiS-2016(WSSM-2016), September, 2016.
  2. Hiroki Sakaji, Junya Ishibuchi, Hiroyuki Sakai, Extracting Polarity Comments from Nico Nico Douga, The 4rd International Workshop on Web Services and Social Media In conjunction with the 18th International Conference on NBiS-2015(WSSM-2015), September, 2015.
  3. Hirofumi Nonaka, Akio Kobayashi, Hiroki Sakaji, Yusuke Suzuki, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extraction of the effect and the technology terms from a patent document, Proc. IEEE 40th International Conference on Computers and Industrial Engineering (CIE40), July, 2010.
  4. Akio Kobayashi, Hirofumi Nonaka, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, An Automatic Thesaurus Construction Method for Technological Terms in Patent Maps, Proc. IEEE 40th International Conference on Computers and Industrial Engineering (CIE40), July, 2010.
  5. Hirofumi Nonaka, Yusuke Suzuki, Hiroki Sakaji, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extracting Effect Expressions from Patent Documents, Proc. of the 25th International Technical Conference of Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2010), pp.729-731, July, 2010.
  6. Yusuke Suzuki, Hirofumi Nonaka, Akio Kobayashi, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extraction of Technology Terms from Patent Specifications for Technology-Effect Type Patent Map Generation, Proc. of the 25th International Technical Conference of Circuits/Systems, Computers and Communications(ITC-CSCC2010), pp.725-728, July, 2010.
  7. Yuji Yamamoto, Shigeru Masuyama, Hiroyuki Sakai, Clustering via Online Passive-Aggressive Algorithm, ITC-CSCC2010, pp.680-683, July, 2010.
  8. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Polarity Assignment to Causal Information Extracted from Financial Articles Concerning Business Performance of Companies, AI-2008 Twenty-eighth SGAI International Conference on Innovative Techniques and Applications of Artificial Intelligence, pp.307-320, Cambridge, England, December, 2008. [PDF]
  9. Hirofumi Nonaka, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Masazumi Ao, Yutaka Hada, Development of an automatic eco-technology patent search method using text-mining, Journal of Ecotechnology Research (Proc. 15th Asian Symposium on Ecotechnology), 14, 2, p.150, Kanazawa, Japan, October, 2008.
  10. Hiroki Sakaji, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Automatic Extraction of Basis Expressions that Indicate Economic Trends, Proc. of the 12th Pacific-Asia Conference(PAKDD 2008), pp.977-984, Osaka, Japan, 2008.
  11. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Extraction of Cause Information from Newspaper Articles Concerning Business Performance, Proc. of the 4th IFIP Conference on Artificial Intelligence Applications & Innovations (AIAI2007), pp.205-212, Athens, Greece, 2007. [PDF]
  12. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, A Multiple-Document Summarization System with User Interaction, Proc. of Coling2004, II, pp.1001-1007, August, 2004. [PDF]
  13. Hiroyuki Sakai and Shigeru Masuyama, Unsupervised Knowledge Acquisition about the Deletion Possibility of Adnominal Verb Phrases, WSQA-2002 (Coling 2002 Post-conference Workshop, Multilingual Summarization and Question Answering 2002), pp.49-56, 2002. [PDF]
  14. Hiroyuki Sakai, Kiyonori Ohtake, Shigeru Masuyama, A Retrieval Support System by Suggesting Terms to a User, Proc. of ICCPOL2001 (19th International Conference on Computer Processing of Oriental Languages), pp.77-80, 2001.

国内学会発表

  1. 田中瑞竜, 酒井浩之, 坂地泰紀 , 複数の顧客企業からの共通要素と新規関連企業の抽出, 言語処理学会第23回年次大会, pp.1192-1195, 2017.
  2. 坂地泰紀, 酒井浩之, 小林暁雄, 内田ゆず, 乙武北斗, 高丸圭一, 木村泰知, 都道府県議会会議録からの意見や意志を表す発言の抽出, 言語処理学会第23回年次大会, pp.426-429, 2017.
  3. 高野海斗,酒井浩之,坂地泰紀,和泉潔,岡田奈奈,水内利和, 株主招集通知における議案別の開始ページの推定, 第18回金融情報学研究会, pp.65-69, 2017.
  4. 酒井浩之,坂地泰紀,山内浩嗣,町田亮介,阿部一也, 深層学習と拡張手がかり表現による業績要因文への極性付与, 第18回金融情報学研究会, pp.38-43, 2017.
  5. 酒井浩之, 柴田宏樹, 平松賢士, 坂地泰紀, アナリストレポートからのアナリスト予想根拠情報の抽出, 第17回金融情報学研究会, pp.25-30, 2016.
  6. 田中瑞竜, 酒井浩之, 坂地泰紀, 関連企業集合からの共通要素と新規関連企業の抽出, 第9回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.19-24, 2016.
  7. 坂地泰紀, 小花聖輝, 小林暁雄, 酒井浩之, ニコニコ動画に投稿された動画の新しいタグの獲得, 第32回ファジィシステムシンポジウム(FSS2016), pp.249-250, 2016.
  8. 坂地泰紀, 所佳祐, 酒井浩之, 製品名と特許における名称の言い換え知識の抽出, 2016年度人工知能学会全国大会, 2016.
  9. 北森詩織, 酒井浩之, 坂地泰紀, 決算短信PDFからの業績予測文の抽出, 言語処理学会第22回年次大会, pp.653-656, 2016.
  10. 吉岡晋作, 坂地泰紀, 酒井浩之, ニコニコ動画に頻出する特徴コメントの抽出, 第8回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.1-5, 2016.
  11. 本間友実子, 酒井浩之, 坂地泰紀, 企業Webページを用いた関連企業の抽出, 第7回 Webインテリジェンスとインタラクション研究会, pp.13-14, 2015.
  12. 酒井浩之, 小林義和, 坂地泰紀, 企業の決算短信PDFから抽出した業績要因への極性付与, 第15回 金融情報学研究会, pp.7-12, 2015.
  13. 北森詩織, 酒井浩之, 坂地泰紀, 決算短信PDFからの業績予測を含む文の抽出, 第15回 金融情報学研究会, pp.1-6, 2015.
  14. 坂地泰紀, 酒井浩之, ニコニコ動画からのポジティブ・ネガティブコメントの抽出, 第7回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.31-36, 2015.
  15. 宮崎敦也, 酒井浩之, 坂地泰紀, 大学Webページからの研究室トップページの抽出, 第7回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.37-41, 2015.
  16. 瀬戸孟,酒井浩之,坂地泰紀, 企業の決算短信PDFの自動要約, 第13回 金融情報学研究会, pp.50-55, 2014.
  17. 石淵準也, 坂地泰紀, 酒井浩之, ニコニコ動画からのポジティブなコメントの抽出, 第5回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.17-21, 2014.
  18. 酒井浩之, 坂地泰紀, 企業Webページを対象とした企業検索システムのための検索クエリに関連するタグの推定, 第5回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.41-45, 2014.
  19. 柴原啓太, 坂地泰紀, 酒井浩之, ニコニコ動画と日経プレスリリース記事との関連付け, 第5回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.75-79, 2014.
  20. 坂地泰紀, 酒井浩之, 増山繁, 決算短信PDFからの因果関係抽出に基づく過去事象間の関連表示システム, 2014年度人工知能学会全国大会, 2014.
  21. 田原如菜, 坂地泰紀, 酒井浩之, Twitterからのキャラクター印象表現の抽出, 第4回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.5-10, 2014.
  22. 坂地泰紀, 酒井浩之, 増山繁, 企業業績発表記事からの因果関係抽出, 第11回 金融情報学研究会(SIG-FIN), pp.37-43, 2013.
  23. 西沢裕子,酒井浩之, 企業の決算短信PDFからの業績要因の自動抽出, 第3回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.67-72, 2013.
  24. 中山大,酒井浩之, 経済新聞記事より株価変動に影響を与える重要な記事の自動抽出, 第3回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.61-66, 2013.
  25. 勝田研一郎,酒井浩之, 企業WEBページからの企業の事業に関連するキーワードの自動抽出, 第3回 テキストマイニング・シンポジウム, pp.13-16, 2013.
  26. 酒井浩之, 増山繁, 製品特徴に基づく製品発表プレスリリースと特許との関連性の判定, 言語処理学会第19回年次大会発表論文集, pp.725-728, 2013.
  27. 大田仁克, 太田貴久, 酒井浩之, 増山繁, プレスリリースを用いた製品関連特許のIPC推定, 言語処理学会第19回年次大会発表論文集, pp.721-724, 2013.
  28. 原田綾花, 太田貴久, 小林暁雄, 増山繁, 野中尋史, 酒井浩之, 特許文書からの発明に関する特徴的技術とその効果の抽出, 言語処理学会第19回年次大会発表論文集, pp.512-515, 2013.
  29. 酒井浩之,増山繁 , 企業の業績発表記事からの業績要因抽出と最も重要な業績要因の判定, 第9回 人工知能学会 ファイナンスにおける人工知能応用研究会, , 2012.
  30. 太田貴久,鶴田雅信, 野中尋史, 山本悠二, 酒井浩之, 増山繁, 技術-効果型パテントマップに基づくシーズ知的探索システムの開発, 言語処理学会第18回年次大会発表論文集, pp.875-878, 2012.
  31. 谷口 将太,野中尋史, 酒井浩之, 増山繁, パテントマップ生成のための特許明細書中の技術構成要素候補の修飾必要性判定手法 , 情報学ワークショップ2011(WiNF2011)論文概要集, p.42, 2011.
  32. 酒井浩之, 増山繁, 企業業績発表記事を対象としたテキストマイニング, 第 54 回自動制御連合講演会論文集, , 2011.
  33. 藤村真太郎,野中尋史, 酒井浩之, 増山繁, 製品情報のプレスリリースとその製品特徴に関連した特許 文書との対応付け, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.194-197, 2011.
  34. 北林智治, 酒井浩之, 増山繁, Twitterからの自動車の不具合情報抽出に関する研究, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.232-235, 2011.
  35. 高尾美代子, 酒井浩之, 増山繁, Webからの飲食店舗の評判情報抽出, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.268-271, 2011.
  36. 放地宏佳,鶴田雅信, 酒井浩之, 増山繁, Wikipediaのカテゴリ階層を利用したTwitterユーザのカテゴライズ, 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.448-451, 2011.
  37. 酒井浩之, 増山繁, 手がかり表現自動獲得による製品発表プレスリリースから の製品特徴の抽出 , 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.528-531, 2011.
  38. 越本和季,酒井浩之, 増山繁, 書評利用のレコメンデーションを目的とする書評検索シス テムのためのキーワード抽出 , 言語処理学会第17回年次大会発表論文集, pp.766-769, 2011.
  39. 野中尋史, 酒井浩之,増山繁, 知財訴訟判例文書からの情報抽出とそれを利用した知財訴訟判決が与える経済的影響の分析, 第38回日本OR学会中部支部研究発表会アブストラクト集, pp.25-28, 2011.
  40. 野中尋史, 酒井浩之, 増山繁, 知財訴訟判例文書からの判例統計情報抽出と知財訴訟分析への応用, 第1回特許情報シンポジウム, pp.29-36 , 2010年12月.
  41. 増山繁, 野中尋史, 坂地泰紀, 小林暁雄, 鈴木佑輔, 太田貴久, 酒井浩之, 自然言語処理技術を利用した効果-技術型パテントマップの自動生成手法の開発, 第1回特許情報シンポジウム, pp.37-44, 2010年12月.
  42. 坂地泰紀,増山繁,酒井浩之, 新聞記事中の文が因果関係を含むか否かの判定, 情報処理学会研究報告「自然言語処理」, NL-198, pp.47-50, 2010年7月.
  43. 野中尋史, 小林暁雄, 坂地泰紀, 鈴木佑輔, 酒井浩之, 増山繁, 効果ー技術型パテントマップ作成を目的とした特許明細書中からの効果語及び技術語の自動抽出と意味的統合, 人工知能学会第24回全国大会, 2010.
  44. 西崎海人, 酒井浩之, 増山 繁, 製品・部門情報の企業業績要因表現からの抽出, 第24回人工知能学会全国大会, 2010.
  45. 野中尋史, 坂地泰紀, 鈴木佑輔, 酒井浩之, 増山繁, パテントマップ自動生成のための特許明細書中からの効果語の抽出, OR学会中部支部研究発表会, 2010.
  46. 酒井浩之, 松原茂樹, 増山繁, 稲垣康善, 文中の接続助詞「が」に着目した翻訳単位間の意味関係の推定, 言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.856-859, 2010.
  47. 梅村真史, 酒井浩之, 増山繁, レビュー記事からの評判情報抽出の一手法の提案, 言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.166-169, 2010.
  48. 谷口将太, 坂地泰紀, 酒井浩之, 増山繁, 経済新聞記事から抽出した景気動向を示す根拠表現への極性付与手法の提案, 言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.170-173, 2010.
  49. 西崎海人, 酒井浩之, 増山繁, 新聞記事の企業業績発表記事からの製品・部門情報の抽出, 言語処理学会第16回年次大会発表論文集, pp.1038-1041, 2010.
  50. 梅村真史、酒井浩之、増山繁, 統計情報を使用したWeb 掲示板からの製品評判情報の抽出, WiNF2009 (第7回情報学ワークショップ), 2009.
  51. 野中尋史, 酒井浩之, 増山繁, 自然言語処理技術を用いた知財判例からの情報抽出と知財訴訟トレンド分析への応用, 知財学会第7回年次学術研究発表会, 2009.
  52. 坂地 泰紀, 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁, 特許文書からのブートストラップ手法を用いた課題・効果表現対の抽出, 情報処理学会研究報告, NL192-14, 2009.
  53. 酒井 浩之, 野中 尋史, 増山 繁, 特許明細書からの出願目的・技術課題情報の抽出, 第23回人工知能学会全国大会, 2009.
  54. 藤村 真太郎, 酒井 浩之, 増山 繁, 企業業績要因文の経常的か否かに基づく分類とイベントスタディ法に基づく分析, 第23回人工知能学会全国大会, 2009.
  55. 坂本 大祐, 坂地 泰紀, 酒井 浩之, 増山 繁, 企業業績要因文における因果関係の有無判定手法の提案, 言語処理学会第15回年次大会発表論文集, pp.925-928, 2009.
  56. 鈴木 佑輔, 酒井 浩之, 増山 繁, Web掲示板を対象とした質問・回答対応の自動抽出手法の提案, 言語処理学会第15回年次大会発表論文集, pp.44-47, 2009.
  57. 野中 尋史, 酒井 浩之, 増山 繁, テキストマイニングを用いた判例文書の分類および情報抽出, 情報ネットワーク法学会第8回研究大会予稿集, pp.39-44, 2008.
  58. 酒井 浩之, 増山 繁, 企業の業績発表記事からの業績要因抽出と極性付与, 第22回人工知能学会全国大会, 2008.
  59. 酒井 浩之, 増山 繁, 企業の業績発表記事から抽出した業績要因への極性付与, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 春季研究発表会2008, pp.116-117, 2008.
  60. 酒井 浩之, 増山 繁, 企業の業績発表記事からの業績要因の抽出, 言語処理学会第13回年次大会発表論文集, pp.436-439, 2007年3月.
  61. 横田 隼, 酒井 浩之, 増山 繁, 質問応答システムのためのWeb掲示板からの質問記事抽出, 言語処理学会第12回年次大会発表論文集, 2006年3月.
  62. 宮本 雅人, 酒井 浩之, 増山 繁, 論文LATEX原稿からのプレゼンテーション資料自動生成, 言語処理学会第12回年次大会発表論文集, 2006年3月.
  63. 山本 悠二, 増山 繁, 酒井 浩之, 小説自動要約のための隣接文間の結束性判定手法, 言語処理学会第12回年次大会発表論文集, 2006年3月.
  64. 松田 耕史, 山本 悠二, 酒井 浩之, 増山 繁, Weblog内のリンクに対する感情推定の試み ーWebコミュニティ発見法改善の基礎としてー, 電子情報通信学会技術研究報告 NLC2005, 2006年2月.
  65. 鶴田 雅信, 梅村 祥之, 酒井 浩之, 増山 繁, Web検索結果の専門家に対する適合度によるランキング手法について, 言語処理学会第11回年次大会発表論文集, pp.1018-1021, 2005年3月.
  66. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, A Multiple-Document Summarization System introducing User Interface for reflecting User's Summarization Need, Working Notes of NTCIR Workshop 4 Meeting, June, 2004.
  67. Yasuo Nii, Keizo Kawata, Tatsumi Yoshida, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Question Answering System QUARK, Working Notes of NTCIR Workshop 4 Meeting, June, 2004.
  68. Masanobu Tsuruta, Yoshiyuki Umemura, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, A Web Search Result Classification System based on the Degree of Suitability for Specialists, Working Notes of NTCIR Workshop 4 Meeting, June, 2004.
  69. 酒井 浩之, 増山 繁, ユーザのインタラクションを導入した複数文書要約システム, 言語処理学会第10回年次大会発表論文集, pp.226-229, 2004.
  70. 鶴田 雅信, 梅村 祥之, 酒井 浩之, 増山 繁, 専門性の程度に基づくWeb検索の分類手法, 言語処理学会第10回年次大会発表論文集, pp.725-728, 2004.
  71. 中嶋 琢美, 酒井 浩之, 増山 繁, SVM(Support Vector Machine)を用いた経済記事の著者の見解に基づく分類, 情報処理学会研究報告「情報学基礎」, FI71-21, 2003年5月.
  72. 仁井 康夫, 酒井 浩之, 吉田 辰巳, 増山 繁, 動詞間の換言知識の自動獲得, 言語処理学会第9回年次大会発表論文集, pp.222-225, 2003年3月.
  73. 酒井 浩之, 増山 繁, コーパスからの名詞と略語の対応関係の自動獲得, 言語処理学会第9回年次大会 発表論文集, pp.226-229, 2003年3月.
  74. 宮木 衛, 酒井 浩之, 吉田 辰巳, 増山 繁, カタカナ語からの換言候補の自動獲得, 情報アクセスのためのテキスト処理シン ポジウム発表論文集, pp.96-103, 2003年2月.
  75. Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, Unsupervised acquisition of knowledge about the abbreviation possibility of some of multiple phrases modifying the same verb/noun, Online Proc. NTCIR Workshop 3 Meeting, 2003, http://research.nii.ac.jp/ntcir/workshop/OnlineProceedings3/index.html.
  76. Keizo Kawata, Hiroyuki Sakai, Shigeru Masuyama, QUARK: A question and answering system using newspaper corpus as a knowledge source, Online Proc. NTCIR Workshop 3 Meeting, 2003, http://research.nii.ac.jp/ntcir/workshop/OnlineProceedings3/index.html.
  77. 酒井 浩之, 増山 繁, 省略可能な2重修飾表現の教師なし学習による自動獲得, 情報処理学会研究報告, NL-150, pp.179-184, 2002.
  78. 酒井 浩之, 増山 繁, 連体修飾表現の省略可能性に関するコーパスからの知識獲得, 言語処理学会第8回年次大会発表論文集, pp.627-630, 2002年3月.
  79. Hiroyuki Sakai, Kiyonori Ohtake, Shigeru Masuyama, On Retrieval Support System by Suggesting Terms to a User, Proc. NTCIR Workshop 2 Meeting, pp.222-226, 2001.
  80. 酒井 浩之, 大竹 清敬, 増山 繁, 絞り込語提示による一検索手法の提案, 言語処理学会第7回年次大会, 2001年3月.
  81. 酒井 浩之, 大竹 清敬, 増山 繁, 情報検索における絞り込み語提示による検索者支援の試み, 言語処理学会第6回年次大会, 2000.
Language Information Laboratory
SEIKEI University